一人暮らし引っ越し

一人暮らしの引っ越し費用を安くするには?

一人暮らしの引っ越しの費用は荷物の量や距離によって適切な引越し業者が変わります。
だから、見積もりを比較して「高いと思ったらお断り」というパターンが1番効率が良く安くなります。

 

あとで詳しく説明しますが、引っ越し費用は、
最安値と最高値で51,300円の差がでるのですよ。

 

一人暮らしの引越し費用でこれは大きいですよね?

 

費用を押さえるためには安い見積もりをとらなくればいけません。そのための注意点は、1社ずつ見積もりしてはダメということです。

 

マンツーマンで向き合うと、安くならないし、しつこく粘られるし、ふんだりけったりです(><)
あえてまとめて一括見積もりを使うのがおすすめです。

 

引越し費用を確実に下げたいという人はこのサイトをチェックしてみて下さい。
↓↓↓

あわせて確認しておきたい
※季節限定のキャンペーンの特典で引っ越し費用がお得に!
引っ越し費用の相場と最安値がわかる一括見積もり

 

引っ越し費用は下げたいけど、営業電話が苦手という人には?

これを読んでくれてる人のなかには、はじめての一人暮らしで引っ越し費用は安くおさえたいけど、「一括見積もりだと営業電話がたくさん来そうで困る」という人もいるかもしれないですね?
そんな人には、引っ越し業者を自分で選んで見積もりできるSUUMOという見積もりサイトがおすすめです。

 

しかも、ここ、電話番号の入力が任意なんです!
メールで見積もりがとれて特典もついてくるので、今、イチオシです。

 

自分で選んだ業者だけに一括見積もりできます

SUUMOだと、見積もりの途中で業者を選べる画面がでてきます。
↓こんな感じで、業者の口コミ評価と特典が提示されます

 

 

一括見積もり方式だから競争力が効いて安くなるし、評判も分かるし、特典も比較できるし・・・しかも、電話番号入力が任意なので、メールにしておけば電話のわずらわしさもありません。

 

日中は電話が受けられない人にもピッタリ!
一人暮らしの引越し費用を下げるのにメリットはあっても、デメリットがないです。
【リクルート運営】 SUUMOの一括見積もりサービスの詳細

 

お急ぎの人は、SUUMOを使うだけでもOKですが、
一人暮らしの引越し費用を相場よりも下げるコツをご説明していきます。参考にして下さい。

 

 

一人暮らしの引っ越しを安くするには?

 

引越し費用を相場より下げる見積もりのコツ

相場というものはあってないようなものがあり、引越し費用は間違いなくその一つです。一人暮らしの引越し費用に相場はあっても、工夫次第でどんどん安くなるのが引越し費用なのです。
業者に見積もりをして費用を比較するとその差にびっくりすると思います。下記は、見積もりサイトで実際に行った一人暮らしの引っ越し費用のシミュレーションです。
50km以内で試算すると、最安値と最高値で51,300円の差が出ています。
同じ移動距離でも、引っ越し業者やプランの選び方でこんなに費用が変わるのですね。

 


【CM放映中:引越し侍】 の見積もり結果より

 

このサイトでは、一人暮らしの引っ越しに特化して、引っ越しにかかる費用を安くするためのコツをご紹介します。一人暮らしで5万円なんて言ったら生活費も割合からしても大きいですよね。ぜひ、最安値で引っ越しをして下さい。

 

「一括見積もりは安くなるけど、たくさん業者から電話がくるのが困る」そんな人は、最初にお話したHOME’Sを使って下さいね。
業者を指定して見積もりできるし、限定特典も付くので損しないです。

 

限定特典付!SUUMOの引越し見積もり

 

「帰り便」や「混載便」がある業者を探す

例えば、引越しプランはいくつもあって、「帰り便」や「混載便」などは安くできる代表的なものといって良いでしょう。だから、一人暮らしの引っ越しでも「帰り便」や「混載便」に出会えればそれだけで数万程度は安くなるわけです。

 

また、引越し費用も需要と供給で成り立っているので、あまり他の人が引っ越ししない時期を選べば安くできます。一般的には、1月・6月・7月、月半ば、火~土曜日、といって良いでしょう。その中でもおすすめなのは連休後で、特に避けたいのは祝日です。
さらに、複数に見積り依頼をして最も安い業者を選ぶことも基本的なことです。
一人暮らしで時間や日付に融通がきくなら、こうゆった日を選ぶか、あえて日付を指定しないで安い日にお任せというのもおすすめです。

 

まとめて複数社に見積もりする

一人暮らしの引っ越だからこそ、家族の引越しと比較して単価が安いため、値引率に差が出ます。見積りは必ず2~3社に来てもらうようにします。

 

それだけで「帰り便」や「混載便」を扱う業者にヒットする可能性が高くなりますし、だいたいの相場を自分なりに掴むこともできるようになります。
引っ越し業者が来たら、「他にも見積り依頼している」と伝えれば、競争意識が働いて普段よりも安い費用を打ち出してくる場合もあります。

 

もしも、一つ一つ依頼するのが面倒という場合には、一括見積りサイトを利用すると良いでしょう。引越し業者公認の相見積もりですから何も言わなくても安い費用が提示されることが多いです。

 

電話番号入力が任意!SUUMOの一括見積もり【見積もり件数は自分で調整できます】

 

ピンポイントの日付指定を避ける

出来るだけ空いている時期を選ぶといっても、引越し業者によっては人手がない時や意外にも依頼が数件入っている時などがあるものです。

 

また、逆に、他に依頼がなくて一人暮らしの引っ越し1件分だけのためだけにトラックをチャーターするのなら費用は高くなります。
当然、他の荷物と一緒に組み合わせる「帰り便」や「混載便」が利用できる可能性もなくなってしまいます。

 

そんなことにならないために、依頼は早めにして希望日や時間には幅を持たせるようにしましょう。
◯月△日◇時で、などというよりは、◯月△日~◯月△日の間で一番安い時、といった方が良いのです。

繁忙期を避ける

引っ越し業者のかきいれ時といえば、会社員や学生が移動する3月~4月です。一人暮らしの引っ越しもこの時期に増えます。
その中でも3月末~4月頭がもっとも忙しく、需要と供給の関係で費用は1年で1番高いといっても良いでしょう。
その次くらいに忙しいのは10月なので、そこも安くするためには避けた方が賢明です。

 

ただ、一人暮らしの引っ越しでも単身赴任や転勤の場合は時期を選べませんよね。
その場合は、先にも説明した通り、日付だけお任せにすると繁忙期の中でも安い日の安い時間に引っ越すことができます。

 

地元密着の小さい業者は穴場

大手の引越し業者だけでなく、地元密着型の小さな引越業者が格安で引っ越しを引き受けてくれる場合があります。
赤帽などはその好例なのですが、「あと少し安くして欲しい」などの調整は小さい業者のほうが柔軟に対応してくれたりもします。小さい引越し業者と、大手の単身向けサービスを比較することで、納得できる格安の費用が選べます。

 

引っ越し業者のどんなプランが安い?

 

安い業者と引っ越しプラン

一人暮らしだと荷物はそれほど多くはないので、「単身パック」「単身プラン」といったものを選択するだけでも費用は安くなることが多いです。

 

でも、荷物の状況を実際に見てもらうことで通常のプランの方が安いとなることもあるので、いくつかに見積り依頼することは必須です。ともかく、一人暮らしでもまずは一括見積もりサービスを気軽に利用してみましょう。

引っ越し業者を指定して安くしたい場合には?

頼みたい引っ越し業者がある場合にも複数の見積り依頼は必要です。
その際、頼みたい業者は一番後にすることで、一番安い費用を提示してもらえる可能性が高くなります。

 

営業マンの仕事は1件でも多く仕事を取ってくることであり、前の業者の費用よりも安く提示するのはごく当たり前のことなのです。もしも安くするのが難しい場合には、いろいろなサービスを付けてくれるでしょう。
一人暮らしの引っ越しでも、ダンボールや梱包材はあったほうがいいですよね?もらえるものはもらっておきましょう。

 

念のため、自分が指定したい引越業者がどれくらい人気があるか調べて置くといいです。
そのランキングの前後の業者はライバルなので、見積もりを引き合いに出して交渉すると安くなりやすいですよ!

 

【SUUMO】一人暮らしの引っ越しでおすすめの引っ越し業者ランキング

 

見積もり後に断る時のテクニック

複数見積りを取った時に困るのは、断らなければならない業者が出てくることです。
実際に顔を合わせているわけですから、多少なりとも気まずい思いをするのが心情というものでしょう。

 

そんな時は、会社に電話して最初に出る事務のような人に伝言してしまうのがおすすめです。
その後に営業マンから確認の電話が来た場合には、会社の方には連絡したのですが・・といった前置きをすると向こうも感じ取ってくれますし角がたちません。

 

また、メールでも良ければそれに越したことはないので、見積りに来た時に聞いておくと良いでしょう。その点、一人暮らしであれば連絡先は自分のみなので、忙しいのでメールで、などと言っておけばスムーズです。後から確認の電話が入ることがありますが、メールで既に断っているので気まずさも半減するはずです。

 

一人暮らしならお勤めしている人も多いでしょう。
スマホを連絡先にしておいて、仕事中と言って手短に断るのもおすすめですよ。

 

引越し手段で自分にピッタリなのは?

 

引越し手段の選び方

一人暮らしの引っ越しプランには、「単身パック」や「単身プラン」などの他、「ミニ引越し」「宅急便」などいくつかあります。
いずれも一人暮らしを想定していますが、荷物の量に応じて使い分けるのがコツです。

 

もっとも荷物が少なく安いのは「単身パック」、その次が段ボール5~10個程度の「宅急便」、その次がコンテナボックスでは納まらない荷物量の「単身プラン」や「ミニ引越し」となります。これらをよく比較して選びましょう。

引越し単身パック

一人暮らしの引越しで、もっとも荷物が少なく費用が安いのが「単身パック」です。
利用するコンテナボックスは「高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cm」程度の大きさで、ここに荷物が入りきればこのパックを利用しましょう。
「単身パック」の名称は日通が商標登録しているものなので、クロネコヤマトなら「単身引越サービスパック」となりますが、一般的に「単身パック」で通じます。

 

コンテナボックスは他の荷物と混載されるので費用が安く抑えられ、荷物の紛失や破損といったリスクも低くなるといったメリットがあります。一方、コンテナボックスに入りきらなかった場合には結局割高となり、段ボールの無料サービス・回収などは基本的にありません。 
引越し単身パックを安くするならこちらもおすすめです ⇒ クロネコヤマトの引越しがお得になるサイト

 

単身引越しプラン

「単身プラン」は荷物の量に応じて軽トラックやバン、1.5tトラックなどの車両をチャーターする方法で、こちらも一人暮らしの強い味方です。
「単身パック」のコンテナボックスには入りきらない、といった場合に利用しましょう。

 

ミニ引越し

一人暮らしなら一般的に「単身パック」が一番お得なわけですが、荷物がさらに少なく段ボール(46×35.5×32センチ)10箱以下であれば、「単身パック」よりも「宅急便」またはゆうパックの方がお得な場合もあります。
そして、この2つのメリットを取ったのが「ミニ引っ越し」で、段ボール10箱程度プラス小型家電といった荷物量の場合におすすめです。

 

洗濯機・ベッド・冷蔵庫・自転車・原付バイク・ストーブなど、どう運ぶ?

 

一人暮らしの荷物について

荷物が少量なら宅急便やゆうパックのほうが安い?

一人暮らしで一番お得な「単身パック」は、同県内の引越しであれば15,000円程度を目安にすると良いでしょう。

 

 

日通 単身パックS
(コンテナサイズ:108×74×155cm 容量:1.23m3)15,000円~

 

クロネコヤマト 単身引越サービスパックmini
(コンテナサイズ:104×104×130cm 容量:1.4m3)同一市内の関東:16,000円 その他エリア:13,000円

 

 

段ボール10箱以下なら、「宅急便」またはゆうパックの方がおすすめなわけですが、11~12箱だと費用はかなり微妙で、だいたい13箱以上であれば「単身パック」の方が安くなります。また、一人暮らしでも冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった段ボールに入らない大型家具があると別便で送らなければならないので、「単身パック」の方が安くなる場合があります。

 

これは単身パックで運べますか?

(ベッド・冷蔵庫・自転車・原付バイク・ストーブ)
一人暮らしで多少の大型家具がある場合には、「単身パック」のコンテナボックスに入りきるかが問題になります。例えばベッドであれば折り畳みは可能でしょうし、冷蔵庫は日通なら170センチ以下のものは入ります。
自転車や原付バイクももちろん入ればOKですが、他の荷物が入らなくなれば本末転倒なので検討しましょう。また、ストーブは灯油タンクが空なら運べます。

 

大きめの荷物がある場合には、コンテナで運ぶタイプの単身パックよりも、小さなトラックを使った単身引っ越しプランのほうが安い場合があります。
HOME’Sの一括見積もりなら、見積もり途中で業者が選べるので、1,2社ピックアップして費用を比較してみるといいですよ。単身パックも一括見積もり経由で見積もりしたほうが特典が付く可能性があります。

 

SUUMOの一括見積もり

 

引っ越しの準備

一人暮らしといえども、荷物はありますし、準備だって大変ですよね。
ここから先は、荷造りのコツや、引っ越しに必要な手続きについてまとめておきますので参考にしてみて下さい。

 

続きを読む

 

引越し業者と問題があった場合の相談なら?

よほどのことがない限りは、引越し業者とトラブルになることはないと思いますが、万が一の時のために相談先を知っておくと安心ですね。
独立行政法人の国民生活センター
でも、大抵は、引越し業者の本社に電話をかければ、何事もなかったように対応してくれることがほとんどです。

 

一人暮らしがはじめての場合は、引越しもはじめてで不安もあるかもしれませんが、気持ちよく引っ越しをして新生活がはじめられるといいですね。