引っ越し ダンボール

引っ越し用のダンボール箱を自分で準備する方法

引っ越し作業に欠かせないものといえばダンボール箱ですよね。
だから、多くの引っ越し業者がサービスで無料のダンボールをくれたりもします。でもこれって、ホームセンターや価格コムやAmazonで購入したって、1枚100~300円はすることを考えてみれば、おかしな話しだと思いませんか?

 

この記事では、ダンボール箱を引っ越し業者以外から無料でもらう方法と、ダンボール箱の選び方、引越し代の値切り方をご紹介します。

 

無料でもらうなら、ドラッグストアが狙い目

過去に、いろいろな場所でもらってみましたが(笑)
ドラックストアが店長さん(責任者)との距離が近くて、その場で判断してもらえて一番もらいやすいです。

 

ドラッグストアに行けば不要になったダンボールは山のようにあります。持って行ってくれるならドラッグストア側も処分する手間が省けて喜んでもらえるくらいなのです。
しかも、処分するにはお金がかかるというのですから、お互いにメリットばかりということなんですよ。

 

置き場を教えてもらって「自由にいいですよ」と言ってもらえることが多かったです。
ここで遠慮は無用です。積極的にもらいに行きましょう。

 

買い物ついでに聞いてみる

もらい方のおすすめですが、私はのおすすめは買い物ついでに聞く方法です。
レジでの会計が終わってから、買い物袋を手に下げて、手が開いているスタッフさんに声をかけます。店長さんがいれば一番いいですね!
※人が並んでいる時にレジの人にお願いしたらダメですよ。

 

買い物したお客さんから頼まれたらちょっと気分がいいですよね?
タイミングによっては、ダンボールがないこともありますが、その時は、もらう日を決めてとっておいてもらうといいですよ。ドラッグストアが品出しをするのはたいてい開店してから午前中の間です。その間に不要ダンボールが出ることが多いです。

 

ダンボールの選び方

ダンボールの中には引っ越し作業に不向きなものもあります。
ティッシュやトイレットペーパーが入っていたダンボールは、一見大きくて重宝しそうですが、強度の点からはNGです。おすすめは、野菜や家電製品などが入っていたダンボールです。
これを中心にゲットしましょう!

 

また、大きさがバラバラだとトラックに積み込むときにうまくいきませんし、積み込み積み下ろし作業もとてもやりづらくなってしまいます。だから、できるだけ同じ大きさものを選ぶことも大切です。あまり大きいものは避け、中・小サイズのものをたくさんゲットするのがコツです。

 

ダンボール代を値切る

お察しの方も多いかもしれませんが、結局、ダンボール料金は引っ越し料金に含まれているところもあるのです。だから、ダンボールの無料サービスを放棄すれば、引っ越し料金を安くしてもええる可能性がありますよ。
自分でダンボールをもらう余裕があれば、ダメ元でダンボール代を値切ってみるのもおすすめです。

 

でも、ちょっと待って!

 

ここまでは、引っ越し用のダンボールを無料でもらう方法をご紹介してきましたが、
ダンボールを何枚でも無料で付けてくれる格安業者を選ぶというのが、実は一番おすすめです。

 

SUUMOの引っ越し見積もりなら、

  • 電話番号入力が任意(メールだけで見積もり可)
  • 引越し業者から特典が付く
  • 引越し業者は自分で選べる

と、使いやすい条件をそろっているのでおすすめです。

 

 

一括見積もりのサイトは敬遠する人も多いですが、
SUUMOの場合は、自分で見積もり先が選べるし限定特典が付くのでデメリットがありません。おすすめです。

 

リクルート運営だからサービスの使い勝手もいい感じ!
SUUMOの一括見積もりはコチラ

 

 

 

 

 

 

関連ページ

家電の荷造り
引っ越しする時の家電の荷造りは、冷蔵庫は空にしておき、洗濯機はホースに溜まった水を抜いておくなど、ものによって最適なやり方があります。また、パソコンはデータのパックアップを取っておきましょう。
洋服の荷造り
引っ越しで荷造りする時には、オフシーズンの洋服から取り掛かるのがおすすめです。業者によってはハンガーボックスを貸してくれたり、タンスの中身を出さなくても良い場合もあるので聞いてみましょう。
貴重品の取扱い
引っ越しのときの貴重品に扱いです。引っ越し業者は、貴重品は運んでくれないことになっているので、自分で運ばなければいけません。もしも荷物に紛れ込んで紛失しても補償は一切なしです。大型の高価な芸術品などは、専門の輸送業者に依頼しましょう。
刃物や割れ物
一人暮らしの引っ越し料金を徹底的に安くするためのサイトです。一人暮らしの引っ越しだからこそ相場もバラつきやすく見積もりの取り方で料金に差が出ます。ちょっとコツを押さえれば安い引越しができるので参考にして下さい。