引っ越しの手続きのまとめ

引っ越しの手続きの流れ完全ガイド

引っ越しは荷物をまとめるだけでも大変ですが、その他にも実に多くの手続きをしなくてはなりません。
ここでは、手続きすべき内容と段取りを時系列でご紹介していきます。引っ越しが決まったら順序良く手続きを進めていってくださいね。

 

転居前の手続き

転居前に行う手続きです。引っ越しの荷造りと並行して段取りよく行いましょう。役所での手続きは抜けがないようにチェックして一度で済ませましょう。

 

引っ越し決定~1ヶ月前 

旧居の賃貸契約の解約

住まいが賃貸という人は、まずはこれを賃貸契約を解約しましょう。解約を申し出る期日は1か月前というケースが多いですが、必ず契約書を読んで確認するようにします。もしも申し出が遅れると1か月分余計に家賃を払わなくてはならない可能性も出てきます。

 

ゴミ・不用品の処分

引っ越しで荷物の整理をすると不要なものが出てきますが、自治体によっては粗大ごみを捨てるのに収集を依頼する必要があります。引っ越し繁忙期となる3~4月はごみの収集も込み合います。希望の日に捨てるには早めに申し込んでおくことが必要です。特に粗大ゴミはすぐに処分できないことが多いので注意です。

 

インターネット・プロバイダーの手続き

新居でもすぐにインターネットを使いたい場合は、手続きも早めに済ませておかなくてはなりません。ネット回線を開通させるにはある程度時間がかかるため、最低でも引っ越す1カ月前には申し込むようにしましょう。

 

子供の学校手続き

 

お子さんが学校に通っている方なら、この時期に転校の手続きが必要です。公立の小中学校は、転出・転入先の両方で、役所と学校での手続きが必要になります。また、私立の場合は編入試験を受ける必要があるので早めに確認しておきましょう。

 

2~1週間前 

役所での手続き
この時期は、都合がいい日に、役所での手続きをまとめて行いましょう。

 

転出届

(同一市町村内への引っ越しは不要)
住民票を移動するため、役所に転出届を出して転出証明書を発行してもらいます。証明書は引っ越し先の役所に提出します。

 

国民健康保険

国民健康保険加入者は、転出届と一緒に国民健康保険資格喪失手続きを行いましょう。引越し先の役所で改めて加入することになります。

 

印鑑登録

(同一市町村内への引っ越しは不要)
印鑑登録も廃止手続きが必要です。ただし、自治体によっては転出届を出せば自動的に廃止となるところもあります。

 

50~125ccのバイク(原付)

(同一市町村内への引っ越しは不要)
ナンバープレートを返納して廃車の手続きが必要です。もしもバイクで引っ越し先まで移動する場合には、引越し先での登録手続きと一緒に廃車の手続きもできます。

 

児童手当の受給事由消滅届

 

お子さんが児童手当を受給している場合、役所で児童手当の受給事由消滅届の提出が必要です。また、前年度の住民税の課税証明書か所得証明書も発行してもらいましょう。引っ越し先での提出が必要です。
ただし、同一市町村内へ引っ越す際には、住所変更の手続きのみでOKです。

 

適宜行う手続き
この時期は、都合がいい日に、役所での手続きをまとめて行いましょう。

 

ライフライン関係

電気・ガス・水道といったライフラインの手続きは重要です。まずは旧居で使用停止の申し込みをしましょう。引っ越し当日に最後の清算があるので立ち合いが必要です。バタバタしがちなので、余裕を持って時間を決めておきましょう。また、ガスは、引っ越し先でも必ず立ち合うのでこの時点で予約を入れておきます。

 

郵便物

郵便局に転居届を出しておくと、1年以内に旧居に届いた郵便物を転送してもらえます。申し込みの際は、免許証などの本人確認書類と旧居の住所を確認できるものを窓口に持参します。

 

NHK

世帯全体の引っ越しの場合、NHKの公式ホームページまたは電話で住所変更手続きをします。また、世帯から独立する場合は新たに契約を交わします。

 

固定電話

電話会社の公式ホームページまたは電話で住所変更手続きをします。ネット回線も利用している場合は一緒に手続きできます。

 

 

 

引っ越し当日 

いよいよ引っ越し当日です。荷物の搬出とともに必要な手続きを行いましょう。

 

ライフライン

旧居では、前述したようにライフラインの使用停止手続きと清算で立ち会いが必要な場合は、引っ越し中に行えるように手配しましょう。

 

賃貸物件の鍵の返却

荷物をすべて搬出したら、不動産会社や大家さんにカギを返却し、室内に問題がないかも確認してもらいます。もし、引っ越しするのと退去日が違う場合には退去日に行います。
鍵の返却をもって退去とする場合が多いです。無駄な家賃を払わないでいいように段取りしましょう。

 

 

 

転居後の手続き

 

引っ越し翌日以降 

翌日以降に行う手続きです。まずは役所関係をまとめて終わらせてしまうのも良いでしょう。

 

役所での手続き

転入届・転居届

役所に、他の市町村から引っ越した際は転入届、同一市町村内の引っ越しなら転居届を提出します。引っ越し元で役所から発行された転出証明書を持参し、14日以内に行いましょう。

 

国民年金

国民年金の住所変更手続きも、役所に引っ越しから14日以内に行います。

 

国民健康保険

国民健康保険加入者は、引っ越し先で加入手続きが必要です。引っ越し後14日以内に行う必要があり、これを過ぎると医療費に保険が適用されないこともあるので気を付けましょう。

 

印鑑登録

(同一市町村内への引っ越しは不要)
引っ越し先で新たに印鑑登録が必要なので、他の手続きと一緒に済ませてしまうと便利です。

 

50~125ccのバイク(原付)

引越し元で発行してもらった廃車証明書を役所に持参して登録手続きをする必要があります。引越し元で廃車手続きに行けなくとも、この時に登録と同時にできます。ナンバープレートと標識交付証明を持参しましょう。

 

児童手当

お子さんが児童手当を受給している場合、15日以内に引っ越し先の役所で新たに認定申請する必要があります。引越し元で発行してもらった課税証明書か所得証明書、印鑑、銀行口座番号、厚生年金か国民年金の記号と番号が必要です。

 

ペット(犬)

犬を飼っている場合は役所での手続きが必要です。引越し元で発行してもらった鑑札と狂犬病予防注射済証を持参しましょう。(引っ越し前の役所手続きは不要) 同一市町村内への引っ越しは、転居届の提出時に住所変更のみが行われます。

 

 

警察署での手続き

運転免許証

警察署で、運転免許証の住所変更と自動車保管場所証明書(車庫証明)の取得申請手続きを行います。運転免許証の住所変更は管轄の運転免許試験場でもOKです。引っ越し先の住民票が必要です。自動車保管場所証明書(車庫証明)は、引っ越しから15日以内に提出し、発行までに1週間程度かかります。貸し駐車場の場合、賃貸借契約書のコピーまたは、貸し主から発行される自動車保管場所使用承諾証明書を持参する必要があります。

 

 

運輸支局での手続き

車やバイクの手続き

車やバイクを持っている人は、管轄の運輸支局で住所変更が必要です。また、管轄の運輸支局が変わる場合には、車やバイクを持ち込んでナンバープレートを変更する必要があります。

 

車は、自動車検査証(車検証)や自動車保管場所証明書(車庫証明)、住所変更済みの住民票、印鑑などを持参して、引っ越し後15日以内に手続きします。
126~250cc以上のバイクは軽自動車届出済証、251cc以上のバイクは自動車検査証(車検証)が必要です。また、住所変更済みの住民票や印鑑なども持参しましょう。

 

その他の手続き

転入学届

まずは、教育委員会に住所変更済みの住民票を提出しましょう。そこで発行してもらった転入学通知書を、転校先の学校に提出して転入手続きをします。その際、引っ越し前の学校から発行された在学証明書や教科用図書給与証明書も必要になります。私立校や高校は、手続きがそれぞれ異なるので希望の学校に問い合わせましょう。

 

軽自動車

軽自動車は、管轄の軽自動車検査協会で住所変更手続きをする必要があります。自動車検査証(車検証)や軽自動車税申告書、自動車検査証記入申請書、住所変更済みの住民票、印鑑なども持参しましょう。また、管轄の軽自動車検査協会が変わる場合には、車を持ち込んでナンバープレートを変更する必要があります。さらに、地域によっては警察署への軽自動車の保管場所届出が必要となる場合もあります。

 

銀行、クレジットカード関係

銀行やクレジットカードか会社も住所変更が必要です。重要書類が送られてくることもあるので早めに済ませておくと安心です。窓口の他、ホームページなどからも手続き可能です。

 

パスポート

パスポートは特に住所変更する必要はありません。所持人記入欄に自分で訂正を加えましょう。ただし、結婚などにより姓が変わった場合、本籍地の都道府県が変わった場合などは手続きの必要があります。引越し先の都道府県の旅券課に、新しい戸籍抄本か戸籍謄本、住所変更済の住民票を持参しましょう。

 

 

携帯電話・スマートフォン

携帯電話会社の公式ホームページまたは電話、店舗などで住所変更手続きをします。

 

 

引っ越しの手続きは、管轄の役所に行き、転出届けを出したり保険や年金の住所変更をしたりと、やるべきことは山ほどあります。そして、電気やガスといったライフラインはなくてはならないものなので、転居後もすぐに使えるようにしておく必要があります。
このページを参考にして、段取り良く引っ越しの手続きを進めて下さいね

引っ越しの手続きのまとめ 転居前・転居後の流れ完全ガイド記事一覧

引越しの電気・ガス・水道の手続き引越しの手続きの中でも、電気・ガス・水道の手続きは、ついうっかり忘れてしまうと新生活に支...